育児や介護をしながらの就労が可能になるInCircle

かつては「オフィスなどに集まって働く」のが当たり前でしたが、近年、外勤 の営業職や在宅勤務者など、組織に属しながら一日中オフィス以外の場所で働いたり、組織に属さずフリーランスで働いたりといった、いわゆる「テレワー ク」を行う人が増えています。テレワークにはさまざまなメリットがありますが、なによりも大きいのが、育児や介護をしながらの就労が可能となる点です。

incircle-de-chatbot_body1

介護・看護による離職で貴重な人材の流出を防ぐために

週2~3日しか出勤できない社員と情報共有が簡単

メールや電話での情報共有にくらべて、ビジネスチャットでのやりとりでは、リアルタイムに会話形式でコミュニケーションがとれることで、コミュニケーションのスピードが敏速になります。メールでは、緊急の連絡の場合に送信後に確認するよう、フォロー電話が必要ですが、その工数もなくすことができ、管理側の業務効率も上がります。また、トークルームへの書き込みによって、部下の活動内容を把握することができます。InCircleを活用いただいている企業様で、「メールや、電話で業務連絡をとっていたころに比べ、スタッフ同士のコミュニケーションも増え、業務がスムーズになった」との声もいただいています。

incircle-de-chatbot_body2

距離を気にせず、メール や電話よりも簡単、スピーディに、情報共有ができます

テレワークでInCircleを活用いただいた心理支援センター

こちらのセンターの課題は病院勤務等で、週2~3日しか出勤できない社員やカウンセラーのため、患者となる子どもの状況等を、連絡帳で共有をしていたが、情報量も多くすべての把握ができなかった。また、連絡帳での情報共有ではリアルタイム性に欠け、子どもの変化に柔軟に対応することが難しかった。このような問題をかかえていました。InCircleを導入したところ出社をしなくても、カウンセラーがカウンセリングの内容や、状況を確認することができ、患者さんとのコミュニケーションもスムーズに行えるようになった。また、患者さんの対応をしながら、別件の話し合いを行うことができ、対応のために患者さんから離れるということがなくなった。と、このような導入効果が得られたとのことです。

incircle-de-chatbot_body4