事前の情報共有で ミーティングの時間を短縮

ミーティングをいかに短く、中身の濃いものにするかは、企業の業務効率UPにおいて重要な課題です。多くの社員が、実際の会議の30%以上が無駄、メールや社内BBSで済む内容だった、などと感じているという統計もあります。しかし、日本企業は、チームで動きます。ただ、会議の時間だけを短くしてもうまく機能しないというのが現実です。ミーティングの時間短縮に必要不可欠なものは、事前の情報共有です。共有されるべき情報がミーティング前に、確実にメンバーにいきわたるようにすることがポイントです。

incircle-de-chatbot_body1

ミーティングをいかに短く、中身の濃いものにするか

InCircleで、ミーティングの時間は半分以下に、質は2倍以上に

ビジネスチャットInCircleなら、ミーティング用のトークルームを作り、それぞれが必要な情報を書き込むことで、事前に情報を共有することが出来るようになります。メールだと、たとえ重要な内容であっても古いメールはどんどん埋もれていき、しかもCCに入っているメンバー全員がメールに目を通すとは限りません。リアルなミーティングでは、話の流れや場の雰囲気から発言できなかっ た部下が、あとからトークルームに意見を書き込むこともあります。

incircle-de-chatbot_body2

InCircleのトークルームに必要な情報を書き込むことで事前に情報を共有

株式会社カークレド様では、InCircleをミーティングに活用

株式会社カークレド様では、ちょっとした会議、また海外とのやりとりも頻繁に発生するために、セキュリティに万全なコミュニケーションツールとして、ビジネスチャットInCircleをご導入いただきました。こちらの企業様では、会議では各自の報告から始まるために時間がかかったりと情報の共有に無駄な時間を使っていると感じていました。そこで、情報共有などの説明のための無駄な時間をできる限り短縮して、簡単に会議を行うためにInCircleを会議に活用されています。「ちょっとしたミーティングも、以前はSkypeを使用したりしていたが、企業用の正式なツールではない上、アクセス状況が悪かったりしてイライラすることが多かったのが解消された」と、大変満足していただきました。

incircle-de-chatbot_body4