11-9_10161009099

飲食業や小売業に見られるビジネスチャット活用例とは

離れた場所でも素早く簡単に情報共有ができるビジネスチャットは、その使いやすさ、利便性からさまざまな業種や業態で導入が進んでいます。特に飲食業や小売業のような店舗を多く抱える企業にとってもビジネスチャットが有効です。ビジネスチャットによって本部、各店舗、スタッフとの情報共有がスムーズかつ安全になることで、業績アップや業務効率化が図れると期待が持たれています。ビジネスチャットの活用で解決できると考えられる課題にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

本部と店舗の連絡がスムーズになる

飲食店や小売店では、各店舗に1つのPC、1つのメールアドレスが支給され、その店舗のスタッフ全員で共有することが多いでしょう。本部から店舗スタッフへ連絡事項があった場合には、店舗責任者がメールを確認してスタッフに伝えたり、あるいはスタッフ各自が空いた時間を見つけてPCからメールを確認したりする運用が一般的です。ですが、スタッフはシフト制で出勤のタイミングもバラバラだったり、休み時間にメールを確認しなくてはならなかったりなど、情報共有に手間がかかるうえに不確実だという課題があります。ビジネスチャットがあれば、スマートフォンのアプリを利用してアルバイトまで含めスタッフ全員にアカウントを配布できるため、本部からの指示をダイレクトに店舗のメンバーへ伝えることができます。また、InCircleのようなビジネスチャットは基本的にLINEに近いインターフェイスであるため、すでにスマホを利用している人なら直感的に使いやすいのも魅力です。

セキュアにスタッフ間の連絡がとれる

今ではほとんどの人がスマートフォンを持ち、無料のメッセージツールであるLINEを利用しています。そのため、シフトの提出や売上の報告、仕入れなどの業務指示など、店舗のスタッフ間で連絡をとる場合にはLINEを使うケースが多いようです。しかし、このような業務連絡は機密事項のため、プライベート用の端末やアプリを使うと情報漏えいの危険性があります。また、アルバイトのような雇用形態の場合はメンバーの入れ替えが激しいため、退社後も業務連絡で利用したメッセージの履歴が残ったままになってしまうのも問題です。業務に関わるやりとりはビジネスチャットに限定すればプライベートと混同することもありません。また、アカウントは本部で管理ができるため、端末の紛失時やスタッフが退職した際にも遠隔操作で履歴を削除でき、アカウント自体の削除も可能です。情報流出のリスクを抑えながら、スタッフ同士のコミュニケーションを活性化することができるでしょう。

店舗を超えた情報共有が簡単

店舗数が多い、あるいはチェーン展開をしている飲食店や小売店では、情報の管理が店舗ごとになるのが通常です。売上が良く評判が良い店舗はどこか、ということまではわかっていても、具体的にどんな方法で業績を上げているのか細かな情報までは共有することが難しいでしょう。新メニューの盛り付けや新商品のディスプレイの写真など、ビジネスチャットによって本部から店舗への指示や情報提供ができれば、ブランド全体でサービスや空間づくりの質を上げることに役立ちます。もしくは店舗の垣根を超えた情報共有がスムーズになると、店舗間で在庫の調整をしたり、自発的に売上の良い店舗を手本にしたりといったこともできます。さらにはオーダー履歴やアレルギー情報など顧客情報をシェアすることで、全店舗でリピーターをフォローすることも考えられます。これまで以上にきめ細やかなサービスが可能となり、顧客満足度の向上も期待できるでしょう。
顧客とスタッフ双方の満足度上昇、業務効率化、売上アップ……スタッフ同士の連携と店舗間の協力体制が強化されることで期待できる効果は数えきれません。ビジネスチャットを活用して、多店舗経営の課題解決を目指してみてはいかがでしょうか。

参照サイト: