10186009581

人材確保の切り札!ビジネスチャットが叶えるリモートワークという働き方

「リモートワーク」は仕事をする場所がオフィスに限定されない働き方です。リモートワークという言葉自体は以前から知られていますが、これまでは日本企業の風土やシステムの都合でなかなか広がることはありませんでした。しかし、市場のニーズが多様化していることや技術の進歩、少子高齢化社会における労働人口の減少などを背景に、リモートワークに注目が集まっています。離れた場所でも会話しているように相手とメッセージを交換できるビジネスチャットの存在が、リモートワークを実現しやすくしているともいえます。今なぜリモートワークが必要とされ、会社や働く人にとってどんなメリットがあるのかを追っていきましょう。

ワークライフバランスの促進

リモートワークは「ワークライフバランス」の促進への効果が期待できます。ワークライフバランスとは仕事とプライベートを両立するという考え方です。業績アップのためには単に勤務時間を長くするのではなく、プライベートの時間を充実させることが必要だといえます。リモートワークを活用して社員の判断で場所や時間を問わずに仕事ができる仕組みを整えることで、残業時間の削減につながるでしょう。家族との時間や趣味に使う時間が増え、心身の健康を保ちやすくなり、仕事へのモチベーションも高まります。また、自由な時間が確保されれば業務時間外でもスキルアップに使う時間が増え、仕事の質を高めることにもつながります。企業としてリモートワークの体制を整えて積極的に活用することで、社員のワークライフバランスの促進につながるのです。

住んでいる場所やライフイベントにこだわらずに人材の活用、確保ができる

企業にとってはいかにして優秀な人材を確保するかというのは重要な課題ですが、そのためにはリモートワークができる環境が必要だといえます。職場から遠い場所に住んでいる人でも戦力になるスキルがあれば採用できますし、企業の拠点のない地方でも人材を採用してビジネスを進めることも考えられます。また、結婚や出産をきっかけとする女性社員の退職は日本社会全体における課題です。リモートワークによって在宅勤務が可能になれば、パートナーの転勤や転職で引っ越しをする場合や、出産後の育児中でも働くことができます。育児休暇の後もブランクが少なくスムーズに復帰ができるでしょう。リモートワークはライフスタイルやライフイベントに合わせたさまざまな働き方を可能にします。

交通費や人件費などをコストダウン

企業の中でリモートワークが浸透することで、コストダウンも期待できるでしょう。まず、場所にかかわらず仕事ができれば通勤にかかる交通費や出張費を削減できます。そして、営業担当者のような外回りの多い社員にとっては、外出やアポイントの合間にリモートワークで仕事ができれば業務効率も上がり、残業時間の短縮にもつながるでしょう。また、社員の頻繁な入れ替わりや、優秀な人材が退職してしまうことは企業にとって大きな損失です。社員が退職すれば代わりの人が必要になるので、採用活動にも時間と費用がかかります。うまく新しい人が見つかったとしても引き継ぎがスムーズに行くとは限りません。しかし、リモートワークで働き方の選択肢が増えれば、社員が同じ企業に長く在籍しやすくなります。リモートワークは社員の働きやすさを叶えるとともに、企業にとってもあらゆる面でコスト削減の効果が期待できるのです。
これからも成長を続けようとする企業にとって、リモートワークという働き方を実現させることが必須条件になる時代がくるかもしれません。そのとき、リモートワークを叶える要素の1つになるのがビジネスチャットです。これまでのような「仕事はオフィスでするもの」という固定観念から脱却し、さまざまな働き方を可能にする仕組みづくりを進めてはいかがでしょうか。

参照サイト: