「社外はメール」「社内はInCircle 」
〜InCircleマネジメント〜

「電子メールやもはや楽で便利なツールではない」

メールには思いのほか時間がかかる

  • ビジネスマンは、1日当たり平均約2時間半をメールの処理に費やしている。
  • コミュニケーションの明確なルールがないため、即時に社内で情報共有できない。

95%のビジネスマンがいまだにメールを情報共有のツールとして利用しております。しかし、メール処理には思いのほか時間がかかると言うのも事実です。アメリカのマッキンゼー社によると、ビジネスマンは、一日当たり平均約2時間半をメールの処理に費やしているそうです。メールは、各自でチェックするタイミングが1日に一回の人もいれば、数時間に一回の人もいたり、重要なメールをCCで送る人もいれば、送信者に指定して送る人もいるなど、ルールが明確化されていません。

 

「社外はメール」「社内はInCircle 」で適切なコミュニケーション

そのため、必要な情報を必要な人と瞬時に共有するツールとしては不十分です。一方で、社外の人とやり取りするには、メールは文書として残るので便利です。ですので、「社外はメール」、「社内はInCircle 」 と使い分けることで適切なコミュニケーションが可能になると思われます。

 

InCircle活用事例: 大手電機メーカー

全社でスマホを導入し、本社と現場の営業、また経営層が現場の声を聴けるようなコミュニケーションツールを探していました。この会社では、それまでガラケーのキャリアメールで社内コミュニケーションをとっていたのですがすぐに情報共有ができるわけでもなく、なかなかうまく活用されていませんでしたが、InCircleの導入で社内での情報共有が活性化し、それまでは、現場での売り上げ状況などはメールで報告を受けていたのが、InCircleの導入で、その時々のお客様の反応や声などをすぐに経営層が聞くことができるようになったため、素早く次の広告戦略を練ったり、意思決定が早くなったというコメントを頂いています。また、導入コストだけでなく運用コストも低く、効率よく全社で使えていると聞いています。