1. TOP
  2. 導入事例
  3. コスモポリタン法律事務所

導入事例メールに代わる
業務連絡ツールに
InCircleを採用

さまざまな法律業務を行うコスモポリタン法律事務所。メールに変わる業務連絡ツールとして、InCircleを採用しました。シンプルで使い易い企業用チャットで発言も活発になり、業務効率アップのほかに、事務所内に一体感が生まれたと評価されています。

コスモポリタン法律事務所

設立
2012年1月1日
従業員
弁護士4名

※2016年1月現在

課題
  • メーリングリストでは都度小さな作業が発生し時間がかかった
解決策
  • 手間がかからず、効率よく情報共有できるツールを採用する
効果
  • 業務がスムーズとなり、同時にトークメンバーの意識も高まった

導入前の課題

  • 法律事務所内で連絡をする際は、メーリングリストを使っていました。
  • メーリングリストでは、その都度、メールアカウントを作成、「誰に」「何を」連絡するのかを細分化するために、 リストの参加者を追加、削除したりの手間もかかりました。こうした小さな作業も積み重なると時間がかかります。
  • メールボックスが「共有事項」であふれてしまうことは「業務の効率を妨げるのでは!?」と考えることがありました。 それらが受信者全員に周知されているかも曖昧であったような感じがします。

導入の決め手

  • メッセージを然るべきメンバーで漏れなく送受信できる点を重要視しました。
  • 部署ごとのメンバーに分けられるのはもちろんですが、案件に関係するメンバーにピンポイントで情報共有できるのは作業を進めていく上での効率化に繋がると考えました。
  • 不要なメッセージで受信ボックスが溢れないこと、重要事項が一目瞭然なシンプルなデザインも使い勝手の良さに繋がっています。
  • スマホアプリでメッセージを送受信できるので、外出先でも時差を感じないでメッセージ確認ができる点は大きな理由です。
  • 退勤後や勤務時間外はアプリの通知をオフにすることが出来るので、オン・オフの切り替えがしっかりできるのも魅力でした。

導入効果

  • トークメンバー(「どこ」に当たります)をあらかじめ設定することで、「誰に」「何を」連絡するのかが明確になり、メッセージを送受信する時間が短縮され、業務がスムーズになりました。
  • チャットという性質上、活発に発言が行われることは業務の円滑化に繋がったように思います。
  • 諸連絡に関する利便性だけではなく、自然と参加メンバーの意識が集中するのは思わぬ副産物でした。

お客様の声

「何」で「どこ」にあるのかが一目瞭然なツールなので、InCircleを使用しています。業務連絡として必要な連絡は、InCIrcleだけですべてが叶うようになり、シンプルかつ効率のよい使い勝手に満足しています。外出先でもメッセージの送受信がスムーズにできるのは、外出が多い職業柄、大変助かっています。「メールよりも確実に届く」連絡手段であることは間違いありません。


最新の導入事例